国宝堂



和綴じから始まった、国宝堂

国宝堂は、「古き良き日本を伝える」をコンセプトに国宝社の製本技術を生かした商品開発を手掛けるブランドです。

日本の文化を愛してやまなかった国宝社の創業者・林繁。

彼が和綴じをした本が社内で発見されたことをきっかけに、その意志を受け継ぐべく、国宝堂はスタートしました。

和綴じは、糸でかがって綴じる日本の伝統的な製本技術。

その綴じ方には麻の葉綴じや亀甲綴じなどさまざまな種類があり、その一つ1つに意味や由来があります。




商品の購入は コチラ をクリック。