本はこうして作られる

かがり綴じ(上製本)

1 突き揃え、断裁

傾斜された台を振動し、置いた紙の間に空気を入れ揃えた後、所定の大きさに断ち切ります。

2 折

断裁された本文を織ります。2度折(8ページ)、3度折(16)、4度折(32)が多く行われます。

3 丁合い

折られた本文(折丁)を本文構成に従い、ページ順に集め重ねます。

4 糸綴(糸かがり)

重ねられた折丁を一折ずつ糸でかがって綴じ合わせます。綴じた部分を圧して均します。

5 下固め、乾燥

以後の工程で、かがった本文が変形しないよう背を接着剤で固め、乾燥させます。

6 三方裁ち

綴じられた辺以外の三辺を指定の寸法に断ち切ります。

7 丸見出し、耳出し

本の耐久力を高め変型を防ぐため背に丸見をつけ、表紙でくるむための耳を出します。

8 背固め、背貼り、花布付

耳の出た背に接着剤を塗り、寒冷紗、背紙、飾り花布を貼ります。本の中身はこれで完成です。

9 表紙くるみ・糊入れ

本の中身に表紙を貼りつけ固定します。丸背の本は表紙の背をU字形に整形してから貼ります。

10 溝付け、いちょう締め

表紙くるみ後、開きやすくするため背の両脇へミゾを付け、さらに全体に圧力をかけ均します。

11 カバー、帯付け

商品価値を高め汚れ防止にカバーや帯を付けます。売上カード、ハガキが入る場合もあります。

12 単行本出来上がり

出来上った本は書店等に送られます。輸送のための包装も最近は機械化・自動化されています。